読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

1月のイベントと過去の記憶について

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

8日(火)から楽らく講座などがはじまりますが、

当センターによる1月の大きめイベントとして、

 

1月15日から20日まで、

震災関連のプログラムを連続的におこないます。

内容は、神戸市内の小中学校を対象とした震災出前学習、

映画『ありがとう』の上映会(16日)、

http://futabasyo.jp/modules/pico/index.php?content_id=110

講堂で一泊する避難所体験(19日)です。

http://futabasyo.jp/modules/pico/index.php?content_id=126

 

また、26日には、旧二葉小学校である

センターの講堂にて二葉・長楽小学校合同の

同窓会をおこないます。

http://futabasyo.jp/modules/pico/index.php?content_id=124

 

ところで、両者とも過去の記憶にかかわるイベントですが、

前者は「悲しく辛い記憶」、後者は「なつかしい記憶」

というふうに記憶のあり方が異なります。

 

なつかしい記憶は、福岡伸一著『ルリボシカミキリの青

によれば、その記憶の中に自分の姿を見る「自己愛」に

基づいているということです。過去の出来事ではなく、

出来事の中の自分を見ているのでなつかしいのですが、

そのような、なつかしい記憶には慰撫効果があります。

 

では「悲しく辛い記憶」とは?

悲しく辛い記憶は、その中に、自分の姿を見るのが

まさしく辛いような記憶でしょう。

それは、自分ではどうしようもない他なる者の記憶

といっていいものかもしれません。

しかし、それゆえ、その記憶には(深遠な)学びを導く

可能性があるのでしょう。

私たちは常に自己を超える他者から学んでいるのですから。

 

1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災の時に

避難所となった旧二葉小学校・地域人材支援センターは、

こうした二つの過去の記憶の上に成り立っています。

 

(やまずみ)