ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

震災出前学習

1月17日で、阪神淡路大震災から18年が経過しました。

地域人材支援センターでは、

1月15日、17日、18日と、神戸市内の

小学校・中学校へ出向き、震災出前学習をおこないました。

 

15日は、市立西神中学校、

17日は、市立広陵中学校と市立中央学校、

18日は、市立鈴蘭台中学での震災学習でした。

 

内容は、阪神淡路大震災当時、小学校または中学校の

教員であった方たちの勤務学校での震災体験談を聞く、

というものでした。

中央小学校では、それに加えて、生徒たちがグループに分かれ、

実際に被災された語り部さんたちによる震災の話も聞きました。

そしてまた、被災時の急場をしのぐ知恵としての

「紙スリッパづくり」にも挑戦しました。

 

どの学校でも、子どもたちは、まじめな表情で

話を聞いていて、お話をしてくださった方たちは

一様に感心されていました。

 

この3日間の震災出前学習で

阪神淡路大震災の記憶が、震災後に生まれた

若い人たちに継承されたことを願います。

(担当:やまずみ)

f:id:npofutaba:20130117090420j:plain

f:id:npofutaba:20130117143334j:plain

f:id:npofutaba:20130118140133j:plain

 

広告を非表示にする