読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

観劇会「6年3組の阪神大震災」開催しました。

本日、3階講堂で、当センターの震災学習事業の一環として、

劇団自由人会による公演「6年3組の阪神大震災」を開催しました。

 

18年前の阪神・淡路大震災で被災した

西宮市立樋ノ口小学校6年3組の作文を基にした演劇です。

 

センター近隣の小学生約110名と一般客約20名の方々に

ご参加いただきました。

 

舞台上の演者の人たちから発せられる、6年3組の子どもたちの

実際の言葉が講堂内全体に響き渡り、阪神・淡路大震災で被災した

子どもたちの記憶の断片あるいはむしろ葉片(ようへん)が

ひらひら舞うという感じの内容でした。

f:id:npofutaba:20130307104132j:plain

 

震災学習において、いかに阪神・淡路大震災を知らない子どもたちに

震災の記憶を継承するかというのは考えるべき重要な問題ですが、

演劇には被災の悲しみと苦しみ、そして命の大切さを観る者に

ダイレクトに伝えられる力があるようでした。

f:id:npofutaba:20130307113823j:plain

 

いずれにせよ、今回の観劇会は、参加者の方々だけでなく、

われわれセンターのスタッフにとっても、改めて阪神・淡路大震災

3月11日に起きた東日本大震災の記憶について(特に被災した子どもたち

の記憶について)考え直す機会を与えてくれたように思いました。

 

(担当:やまずみ)