読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

「ふたば夏の陣」(レポート33)

本日、須磨海浜水族園へ出かける

「水族園で生き物タッチ」を実施しました。

 

8名の参加者といっしょにセンターから市バスに乗って水族園へ行き、

本館2階のレクチャールームで水族園の学習プログラム

「さわってみよう水辺のいきもの」を受けました。

 

スナヒトデやホラ貝やウミガメといった海の生き物と

ニホンイシガメ(ゼニガメ)やクサガメなどの淡水の生き物を

実際に触ってみて、研究員の方から生き物の生態について

教えてもらいました。

 

f:id:npofutaba:20130823102446j:plain

 

触るのがこわい~といった子どもがいれば、その逆に

突っついてみたり裏返したりよ~く観察している子どもが

いましたが、どちらにしても水辺の生き物に対する関心は

高いように見えました。

 

研究員の方の説明は、たとえば、

ヒトデはアサリが好物でホラ貝はヒトデが好物という

ヒトデと貝の関係についてなど、

生き物たちの間のバランスの話をわかりやすく

教えてくれるもので、興味深かったです。

 

そうした説明をしっかり聞いている子どもたちの姿も

見ていて、生き物の魅力はすごいなぁと思いました。

生き物最高。

 

担当:やまずみ