読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

センターの建物の素晴らしさ!

 昭和4年に建築された当センターは素晴らしい建物です。

外見は、3回の講堂の窓の開口部が6連のアーチでデザインされ、

正面玄関は、半円のアーチが施されて、とてもしゃれたいて、元小学校とは思えない建物です。この建物を設計した方は、有名な建築家でもなく、

神戸市役所営繕課の清水栄二氏が設計されたそうです。それも素敵ですね。

センターの廊下の天井部分は、アーチ型になって、これもまた見ごたえがあります。平成22年にセンターがオープンするまでは、映画の撮影にも度々使用され、オープン後は、OM撮影などに利用されています。

このセンターは、戦災も阪神・淡路大震災も乗り越えてきた建物で、

すごいパワーがあるのではないかと思っています。

先だって、北海道から二葉小学校を、何十年前に卒業された70歳ほどの方が、ふらっとお見えになり、センターをくまなくご覧になって帰りました。階段の手すりを触ったり、廊下の油引きの匂いが懐かしとおしゃっていました。

また、震災で家も何もかも焼けてしまった。思い出での建物はこの小学校だけです。残ってくれてありがとうと言われた方もいました。

センターは、単なる建物ではなく、多くの方の思い出がいっぱい詰まった建物だと、つくづく思いました。みなさんもどうぞ、見に来てください!

 

f:id:npofutaba:20150224154652j:plain

f:id:npofutaba:20150224154036j:plain