読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

レコード鑑賞会復活、そして孤独は云々

誰も覚えていないであろう過去の地味イベント「R&Rレコード、きいてく?」を3月17日(金)19:00~(20:00頃まで)、ふたば学舎音楽室2にて行います。参加無料で定員は先着10名です。ビートルズのレコードを大音量でかけます(別アーティストのレコードを持ち込んでもらってもかまいません)。

レコードをただ聴くだけのイベントですが、爆音で「デイ・トリッパー」を聴くと、ギターリフにロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」の影響を体感することができるかもしれません・・・ふらっとお越しください。

 

↓2年前に不発に終わった「R&Rレコード、きいてく?」のチラシを改変しました。元ネタはシティライツブックストアのビート詩集です。

f:id:npofutaba:20170215122443p:plain

 

以下、備忘録的雑文です。

スーザン・ソンタグは「孤独は連帯を制限する、連帯は孤独を堕落させる。」(Solitude limits solidarity; solidarity corrupts solitude.)と言います(ソンタグ『良心の領界』)。

たとえば、地域コミュニティを考えた場合、人々のつながりは重要で、それに関連する事業を担当していると「つながり」や「交流」といった言葉を多用しがちになってしまい、孤独というか一人(solitude)であることの意味を見失うことがあります。それがひいては「連帯は孤独を堕落させる」になるかもしれません。しかし、(いきなりですが)スピノザ『エチカ』の自由人的な(??)発想では、自己は理性に従って善を追求し、その上で他者と連帯して全体的な能力を倍にするわけで、そもそもの孤独という観点は見過ごせないでしょう・・・。

そこで(?)、孤独と連帯が結びつくかどうかはともかく、参加者一人ひとりが音に浸る上記イベントを開催し、個々にとって有益な時間を過ごしたいと思います。ふらっとお越しください。(やまずみ)