ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

「ロックの名曲だと思います」今回は日本のロック

4/22(日)13:00~14:30にロック音楽鑑賞会「ロックの名曲だと思います」をふたば学舎・音楽室2で開催します。前回は洋楽ロックでしたが、今回は1960年代~80年代の邦楽ロックの名曲を一緒に聴くゆる~いイベントです。気が向いたらご参加ください。持ち物は、これは日本のロックの名曲だ!と思う(主観)曲が入っているCD、もしくはポータブルオーディオプレーヤーです(ただし物によっては再生できない場合があります)。参加無料です。f:id:npofutaba:20180418163721p:plain

余談:音楽CDの生産量がこの20年で半減する一方(日本レコード協会「日本のレコード産業2017」参照)、無料動画配信サービスを介して音楽を聞く人が増えているようです。それでも、過去のアーティストの有名アルバムのリマスター版などのリリース情報につい目が行ってしまう身としては、レコード会社がこれまで蓄積してきた有名アーティストのバックカタログを使って売り上げを伸ばす戦略は(特に中高年向きには)有効だと思っていたのですが(キース・ニーガス『ポピュラー音楽理論入門』参照)、そんなにでもないかもしれません・・・無料で聞けたりしますから。とはいえまあ今回の「ロックの名曲だと思います」は物(CD)好きなイベントということで・・・。ちなみに60~80年代の邦楽ロックの名曲と言えば、主観ならやはり山口冨士夫の曲に尽きるでしょう。(やまずみ)

震災学習での語り方を遠回りに考える(雑文)

今年も5月から震災学習の受け入れが始まります。5月の対象は神戸市外の中学生ということもあり、若い人たちにどう話そうかと改めて考える参考に、河出書房新社「14歳の世渡り術シリーズ」の1冊、萱野稔人著『暴力はいけないことだと誰もがいうけれど』を読んでみました。

f:id:npofutaba:20180405160541j:plain

萱野さんの著作は『国家とはなにか』以来、注目してきたので、『暴力は・・・』でも述べられている、国家が合法的に暴力への権利を独占するという主旨は知っていました。では、『暴力は・・・』においてどのように記述の仕方/語り方が異なっているのかといえば、まさしく語るように書かれており、使用語彙が(たぶん)14歳に合わされ、読み易さを考慮してか改行が多用されています。特に印象に残ったのは話の根拠を、「何度もいうようですが」とか「先ほど指摘したように」とか「どういうことかというと」というふうに、丁寧に繰り返し行っていることでした。また、突き詰めて考えるとわかること(社会通念に流されない考え方)、たとえば、善悪の道徳的基準には限界があり、理論的思考の邪魔をするといったこと(たとえば、暴力は悪だと一義的に捉えると暴力を独占する国家について理解できなくなる)が書かれてあり、読みながら「なるほど」と納得させられました。ちなみに、道徳感情の根源にある処罰感情および応報感情については同じく萱野さんの『死刑、その哲学的考察』(ちくま新書)に詳しいです。

さて、『暴力は・・・』を参考にして、中学生がわかるように話すには、使用語彙の配慮、語りの間合い、繰り返しの理由づけ、そして社会通念を超える内容(つまり知っていたけれど考えていなかったこと)、といった所が重要かと思われます。とはいえ、私が14歳だった時のことを思い出して(ほとんど忘れましたが)、中学生が『暴力は・・・』を読んで、どこまでわかるものなのか・・・よくわかりません。

山鳥重著『「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学』(ちくま新書)によると、わかるためには、意識に現れる像が何であるか言語を介して判断する記憶心像(記憶のストック)が必要です。そして、科学的にせよ思弁的にせよ自分で分類・整理することによってわけがわかるようになります。であれば、話の内容を相手がわかるようにするには、相手の知っている単語を使って、筋道立てて(つまりあらかじめ整理して)、意味づけしなければいけません。しかしそれだと結局、相手は自分が知っていることに情報転換するだけですから、すべて既知のものに収まってしまうでしょう。既知のベールをはがすにはどうすればいいか?『「わかる」とは・・・』から引用すると、「学校ではわからないことは試験問題とか、先生からの質問という形で与えられます。ですが、このように受け身の形で人から与えられた問題(わからないこと)が解けたからといって、知識が自分のものになるわけではありません。本当の意味でのわかる・わからないの区別の能力は人から与えられるものではありません。自分から自発的にわからないことをはっきりさせ、それを自分で解決してゆかないかぎり、自分の能力にはならないのです」。おそらく、自分でわからないことを見つける自発性が既知のベールをはがし、創造的な「わかる」に導くのでしょう。わからないことを相手に発見させるのには、萱野さんの『暴力は・・・』にあるような、知っていたけれど考えていなかった話が刺激になるのではないかと思います。おわり。

いつもながら私以外だれか読むのでしょうか??(山住)

震災学習に関する学会発表@東北大学

3月23日(金)東北大学川内北キャンパスで開催された日本発達心理学会第29回大会の中のシンポジウムで話題提供としてふたば学舎の震災学習について発表しました。シンポジウムのタイトルは「子どもと若者を主体にした震災学習が問う新たな学習観―阪神・淡路大震災東日本大震災の被災地での試みから―」というものでした。

f:id:npofutaba:20180323132233j:plain

東日本大震災に関する試みについては、東北大学の邑本俊亮先生が学内の学生を対象とした被災地訪問による課題発見解決型学習を紹介されました。その解決型学習では特に学生の「生きる力」に関する学習観が有意に変化するということでした。参加された学生さんたちの今後の活躍が期待されます。

一方、ふたば学舎の震災学習は、対象の中心が阪神・淡路大震災後に生まれた中学生や高校生など若い世代ということもあり、遠い昔の震災(阪神・淡路大震災)と遠い未来の震災(例えば予想される南海トラフ巨大地震による災害)のはざまにおいて「他人事から自分事へ」の認識転換を図ることを第一としています。そこでは震災が自分事になるよう、参加者は疑似的に(阪神・淡路大震災の)被災者になり、ある震災ストーリーに沿って被災を体験します。が、前後関係や因果関係がわかりやすい予定調和なストーリーに終始せず、ストーリーを外れる(リアルな被災者の言動に見られるような)よくわからないことをはさみ込むことで体験が記憶に残るように工夫(しようと)しています。

f:id:npofutaba:20180323163831j:plain

こうした震災学習のコンセプトは、イメージにすると下図の黒丸のように過去の現場へ一旦学習者自身を移動させ、再び今に戻るというもので、過去から現在・未来へと進歩していく学習観とは異なります。

 

f:id:npofutaba:20180327165650p:plain

 

このイメージは以前ブログで引用したベンヤミンの「歴史の概念について」における新しい天使

報告書、理論、少しばかりベンヤミン - ふたば学舎の日常

丸山眞男の言う過去の追体験

8/26(土)「ハッケン教室~防災を学ぼう!」告知と余談:過去から学ぶことについて - ふたば学舎の日常

に重なるので、発表でも引用して話しました。いつもの癖でとりとめのない話になりましたが・・・。

詳しく述べると長くなるので省きますが、実は1の次は2という論理意識のレベルではなく、快/不快含めた“that feel”(Tom Waits)という身体の感覚的なものが自分事に認識転換させるきっかけを作るのではないかと思っています。このあたりことはまたどこかで説明するつもりです(?)。

翌日、東松島市の被災地へ行きました。(やまずみ)

f:id:npofutaba:20180324123527j:plain

愛知大学で避難所運営についてプレゼン

2月20日(火)、愛知大学地域政策学部の先生と職員の方々で構成される地方産業研究所災害研究会で、ふたば学舎における避難所運営の考え方についてお話しさせていただきました。

f:id:npofutaba:20180220161153j:plain

話の内容は、①ふたば学舎(旧二葉小学校)の成り立ち、②阪神淡路大震災時の被災状況、③震災後から23年に至る(人口動態など)状況の変化、④避難所になった時の運営主体(主に防災福祉コミュニティ)と取り組み、⑤ふたば学舎の震災学習、⑥避難所運営における課題、という6点に絞りました。避難所となる場そして周辺地域の歴史・環境(また、それらの中で形成される地域性)が避難所を運営する際に影響すると思われますから、そうしたことについてお話ししたのですが、それは第一に、予想される避難者(避難所運営主体を含む)の動きを考えるためでもあります。多様な人が集まる避難所では様々な想定外の事が起き、人の動きが予測不可能になります。そこで、先週、23年前に避難所となった神戸市立蓮池小学校の運営に携われた元長田区役所職員の清水誠一さんに改めてお話を伺っていたのですが(これまで何度もご教授いただいています)、清水さん曰く、避難所は初動期に運営本部の態勢を整えられるかにかかっているとのことでした。今回の話(=避難所運営の考え方)のいちおうの結論も初動期の重要性ということにしましたが、たとえば災害という出来事が起こる前に不確実な事柄への対応を考えていれば、初動期の運営組織の整備も比較的スムーズにできるかもしれません。そのためには災害時に見失われやすい女性の視点、子どもの視点、高齢者の視点、障がい者の視点・・・等々、多角的な視点が必須であると終了後の質疑応答で再認識させていただきました。逆に色々と学ばせていただいたという感じです。

f:id:npofutaba:20180222101430j:plain

追記:避難所での食物アレルギー対応は、その人(特に子ども)にとっては命にかかわることですが、期待しにくいものです。が、ご出席の先生から、阪神淡路大震災の時に食物アレルギー対応の食べ物を送ってほしいとのリクエストに応えてダンボールに詰めて郵送した、という話を伺いました。今でも同じことがあれば救援物資として提供できるようご自宅に保管されているそうです。そういう備えもあるのかぁ、ということで見習いたいと思います。(山住)

脱力プログラム「ロックの名曲だと思います」告知

3月2日(金)19時~20時に「ロックの名曲だと思います」と題するマイナーイベントを音楽室1で行います。要申し込み(電話:078-646-8128)で、持ち物は洋楽ロックの名曲だと思う曲が入っているCDです。イベント内容は、ただCDを聴いて、参加者同士で「なるほどねぇ~」と思い合う(あるいは語り合う)優しいのものです。全然力んでいません。脱力したい方どうぞ。(やまずみ)

f:id:npofutaba:20180215155613p:plain

余談:これまでマイナーイベントとしてレコード鑑賞会を行ってきましたが、今回はCDです。CDにした理由は特にありません。レコードよりCDを持っている人の方が多いだろうな、くらいです。レコード鑑賞会も楽しいイベントでしたが、今回も楽しいと思います。参加するとなれば、どの曲にしようかと迷うはずで、すでにその迷いの時点で楽しいですね。やっぱりベタなのは外して、NRBQあたりなんてどうかな、じゃあDave Edmundsの曲は?、などなど・・・所有CDを確認しながら(聴きながら)曲を選ぶのは本当に脱力できます。さて、当日どんな曲が集まるかわくわくします。

 

「和田幹さんの震災定点観測日記」新聞掲載

2月4日(日)多目的室1-4で講演会「わだかんさんの震災定点観測」を行いましたが、その企画のきっかけとなったパネル展示「和田幹さんの震災定点観測日記」に関する記事が今日の神戸新聞に掲載されました。Web版にも載っています。神戸新聞さん、ありがとうございます。

神戸新聞NEXT|神戸|震災からの復興を定点観測 神戸・長田で写真展

4日の講演会には29名の方々にご参加いただきました。講師のわだかん(和田幹司)さんには、1時間強、プロジェクターで映し出した定点観測写真パネル毎にエピソードを交えながらお話しいただきました。阪神・淡路大震災から23年もの間にわかだんさんが見てこられたことを語るには全く短い時間でしたが、ご参加のみなさんは興味深く聴いておられ、質問コーナーではご自身の体験談なども語っていただきました。震災の記憶を参加者同士で共有できた講演会でした。(やまずみ)

f:id:npofutaba:20180204131522j:plain

余談:歴史は語られることによって形を成していきますが、定点観測をテーマに語ろうとすると、語る時点で形は変化します。十年後にまた話しをすれば、十年間の変遷が追加され、さらに過去の記憶が曖昧になったり解釈が異なったりして、内容は変化し続けるでしょう。歴史は動的なわけです。しかし、語られなければ忘れ去られます。わだかんがおっしゃっていたことで印象的だったのは、わだかんさんのように被災について話す人もいれば、被災しても語らない人もいるということでした。23年が経過しても阪神・淡路大震災の被災の記憶には隙間があるようです。