ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

夏休み期間中の震災学習イベントについて

コロナ禍の影響で震災学習イベントを始めるのが遅れてしまいましたが、学校の夏休み期間中に次の3つの子ども対象イベントを実施する予定です。

 

①7月28日(水)「防災YORI活動『持ち寄り炊き出し体験』」。これは、災害時の避難所で地域の人々が食材を持ち寄って炊き出しを作るという想定の共助の試みです。地域の婦人会の方々の協力を得て、小学生の子どもたちと一緒におこないます。

②8月5日(木)「Zoomでボードゲーム~在宅避難でできる遊び~」。災害時の避難生活(特に在宅避難)の中で子どもが抱えるストレスは見過ごされやすいですが、オンラインでボードゲームをやってみて、ストレス緩和とコミュニケーション不足を補うことができるかを考えるイベントです。

③8月19日(木)「台風とともにやってくる高潮ってなに?〜高潮のしくみを知ろう〜」。これから台風が増えてくる時期ですが、ふたば学舎のような海が近い地域では台風の時には高潮が心配されます。そうした高潮が起こる仕組みを知ってもらって防災意識を高めてもらうイベントで、講師は気候(気象)学が専門の福島あずさ先生(神戸学院大学)です。

 

②③のイベントは、ふたば学舎「夏の陣」で参加募集中(7月16日まで)です。詳細は、ホームページをご覧ください。

ふたば夏の陣2021〜夏休み子ども教室@ふたば学舎 | ふたば学舎 (futabasyo.jp)

 

(やまずみ)

 

以下、余談。

昨日、兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科で院生の方々にふたば学舎の震災学習について話をさせていただきました。前々から震災学習のコンセプトを改めて考えようと思っていまして、下記の文章を書いて、紹介しました。特にリアクションもなかったのですが(汗)、もう少し丁寧にまとめて推していきたいと・・・BOTS!

 

  • 震災学習コンセプト:BASED ON TRUE STORIES(BOTS)

ふたば学舎の震災学習の内容は阪神・淡路大震災に関する実話に基づいている。参加者はその実話をなぞりながら被災者を模倣し、震災の記憶と教訓を受け継ぐ。

たとえば、学習メニューのひとつ「避難所体験」で参加者は、家族に見立てたグループで、段ボールを使って避難スペースを作る。その時、彼/彼女は、自宅が全壊した80歳で持病のある高齢者といった具体的な被災者になり、阪神・淡路大震災の実際の避難者に近づき、避難ストーリーの中に入っていく。彼/彼女は、被災者を模倣することによって記憶を体得する。

ストーリーにこだわるのは、震災学習が参加者に受け渡そうとする震災の記憶と教訓が、地震のメカニズムなどの自然現象というより、あくまで人間にかかわることだからだ。人間は常に何らかのコンテクスト(生活の流れ)の中にいる。被災者のコンテクストは被災のストーリーを形成し、記憶として他者に継承される(ストーリーを形成しない記憶の断片は被災者の中にとどまり続ける)。

また、科学的研究(神経生物学)では、他者に対する信頼と共感力(エンパシー)が高まった時に生じる神経伝達物質オキシトシンがストーリーによってもたらされることがわかっている。ただし、信頼と共感力を維持するためにはストーリーへの注意が持続されなければならない(Paul J. Zak “Why Your Brain Loves Good Storytelling” Harvard Business Review, October 28, 2014 参照)。しかしながら、私と他者との信頼は当然相互の関係の中で生まれる。それゆえ重要なのは、一方の人間に生じるホルモンではなく、両者の関係性である。

 では、震災学習において震災の実話(性)はいかに担保されるのだろうか。それは、阪神・淡路大震災時、実際に避難所となった旧二葉小学校(現ふたば学舎)の現在に至る歴史によってである。過去の震災で起こったことは現在においても起こるかもしれない。過去の被災者は現在の私に入れ替わるかもしれない。そうした意識が現在から過去への問いかけ(現在と過去との関係)を喚起し、今後も震災ストーリーに対する注意を持続するだろう。

震災学習勉強会④⑤開催のお知らせ

防災に関して新しい見方をみつけるための勉強会を二週連続でおこないます。

まず、3月20日(土)14時~15時30分に「防災をひらくヒント~高齢化率地図で地域を考える」。講師は、認定NPO法人まち・コミュニケーション代表理事の宮定章さんです。

そして、3月27日(土)14時~16時頃に「imagine, 災害の倫理~ナオミ・ザック『災害の倫理』を基に」。講師は、人と防災未来センター主任研究員の高原耕平さん、兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科教授で『災害倫理』(勁草書房)の訳者でもある阪本真由美さんです。

f:id:npofutaba:20210225180658j:plain

どちらの勉強会も参加者間の討議を通して新たな防災の視点を獲得することを目指します。参加申込方法など詳細はチラシをご覧ください。よろしくお願いします。(やまずみ)

 

雑談:自分のしみついた考え方を変えるのは難しく、年をとれば依怙地になったりもしますが、そもそもの考え方が間違っていることがあったりして、はじめに素晴らしい考えだと思い込んでしまうとなかなか間違いに気付けなかったりします。

たとえば教育で言われる、不確実な時代に対応するための主体的な個人の育成。苅谷剛彦『コロナ後の教育へ』(中公新書ラクレ)によると、そうした抽象的な理想から考えるのは日本型教育改革のクセであり、「必要なのは過去の経験の徹底した帰納的検証である」ということです。で、ふと思うのは、そのクセは日本で教育を長年受けてきた自分自身にも付いているのかも、です。確かに、今は不確実なVUCAの時代(Volatility, Uncertainty, Complexity, Ambiguity)などと言われたりもしますから、素晴らしくて聞こえのいい抽象的な理想を言うのが無難ではあります。しかし、「不確実性が予想のできない事態である限り、その事態に対応するために必要な資質や能力の中身は確定できない」ため、「その育成の方法も確定できない」ことに気をつけなければいけません。ではどうすればよいか。『コロナ後の教育へ』では人文学的態度が勧められます。つまり、過去の知の生産過程を追体験し、そこから知を再生産し不確実性に向き合っていくという(帰納的)態度です。で、しみついた考え方を変えることに関する結論は、本をもっと読もう、そうすれば自分の考えが刷新される、でしょうか・・・。地味なのが一番。

f:id:npofutaba:20210225164613j:plain

 

1月17日開催「やさしさわすれないで」掲載記事

タウン誌「ビバ!ニュータウン」2月号に「1.17+3.11やさしさわすれないで~東日本大震災からもうすぐ10年~」の記事を掲載していただきました。ビバ!ニュータウン様、ありがとうございます。

↓「ビバ!ニュータウン」2021年2月号紙媒体

20210209103116.pdf (vivanewtown.com)

↓「ビバ!ニュータウン」ホームページ掲載記事

「やさしさわすれないで」ふたば学舎3階講堂(長田区二葉町) | 編集記事 | ビバ!ニュータウン編集室 (vivanewtown.com)

 

先日(13日)、宮城と福島の両県で最大震度6強地震が起き、負傷された方や住宅被害、土砂崩れなどがあったようです。さらに被害が大きくならないことを願っております。

今回の地震東日本大震災の余震ということで、10年経ってそんなに大きな余震が起こったのは驚きです。地震は本当にいつどこで起こるかわかりません。備えの重要性を改めて感じました。弊館の震災学習でさらに伝えていこうと思います。(やまずみ)

震災体験学習の手引き作成

震災学習の際に使用する手引きを作りました。2013年に作成した震災学習冊子の縮刷・改訂版です。参加者が避難所体験など学習活動をしている時にポケットからすぐ取り出せるようにA6サイズ(外折り8ページ)の大きさにしました。

f:id:npofutaba:20210205094105j:plain

ふたば学舎の震災学習は、震災に「ついて」学ぶだけでなく、被災者や支援者に「なる」ように学ぶ体験型学習であり、参加者に自分とは違う誰か他の避難者になって震災の問題を想像してもらうための「避難者として考えてみる」欄を設けています。今後の震災学習で活用する予定です。(やまずみ)

 

 

余談/私感:発生が懸念される南海トラフ地震や首都直下地震の被害想定は、被害範囲が広すぎて公的な支援=公助は間に合わず、自助は(一人だけでサバイブするのでなければ)他者と関わる社会の中で限界があり、いつ起こってもおかしくない巨大災害での共助の重要性を示唆しています。

上記の震災学習での「避難者として考えてみる」には想像力を働かせて共助あるいは互助を意識するという意図があるのですが、そこには「エンパシー」と「社会」が欠かせないのではないかと、昨日ブレイディみかこ鴻上尚史『何とかならない時代の幸福論』(朝日新聞社出版)を読んでいて感じました。『~幸福論』では、2人の著者がそれぞれ別著作でも述べている「シンパシーとエンパシー」(ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』新潮社)と「世間と社会」(鴻上尚史佐藤直樹同調圧力講談社現代新書)がキーワードとなっています。f:id:npofutaba:20210205094227j:plain

『~幸福論』によれば、シンパシーは自然に抱く感情的な同情で、エンパシーは同情できなくてもその人の立場を想像できる能力。(蛇足で言えば、ポール・ブルームの『反共感論』[Against Empathy]では、エンパシーはさらに「情動的共感」と「認知的共感」に区別され、前者が感情的な働きであるのに対して、後者が認知的・理性的とされています。『~幸福論』で言及されるエンパシーはあくまで後者の働きです。)そして、世間は自分と利害関係がある人たちによる世界のことで、社会は利害関係のない人たちで形成される世界ということです。

2019年の台風19号の時、東京都台東区の避難所でホームレスの人が入るのを断られてニュースになりましたが、それに関して同書で鴻上尚史さんは「避難所に集まった人達は、区役所にとって世間で、ホームレスは社会、ということになるんです。結局、区の役所の人の場合は世間を選んで、社会は無視したんです」(p.52)と述べています。災害救助法の現在地救助の原則(住民に限らず、旅行者や訪問者等も含めて救助の対象となる)を無視したとも考えられますが、このニュースに対してイギリス在住のブレイディみかこさんの息子さん(中学生)は「日本人は、社会に対する信頼が足りないんじゃないか」(p.51)と言ったそうです。社会への信頼不足というのは、利害関係がある世間の人たちのことは考えられるが、世間の外の関係のない人たちのことには想像が及ばないということですが、理性的なエンパシーと社会意識さえあれば不足を補えるようにも思えます。では具体的にどうするかはさておき(『~幸福論』を読むと「教育」が大切な手がかりのようです)、社会への信頼というのは災害時の共助あるいは互助のベースであり、それには、「エンパシー」と「社会」が欠かせないのではないかと・・・。

阪神・淡路大震災から26年の「やさしさわすれないで」

阪神・淡路大震災から26年となる1月17日(日)に恒例の1.17イベント「やさしさわすれないで」を、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言下でしたが、人と人との十分な距離や換気など必要な感染予防措置をとった上で、開催しました。

今回は、次の3月11日で東日本大震災から10年を迎えることもあり、阪神・淡路大震災東日本大震災、二つの震災の記憶を想い合う内容にしました。

宮城県石巻市で震災の伝承活動を行っている公益社団法人3.11みらいサポートさんにオンラインで石巻の被災状況と3月8日にオープン予定の伝承交流館「MEET門脇」の話を、神戸を中心に音楽を通した防災活動を続けている石田裕之さんには東日本大震災熊本地震などの被災地での活動の話をしていただきました。また、石田さんが交流を続けているNPO法人石巻復興支援ネットワークさんとオンラインでつなげていただき、東日本大震災で被災されたみなさんの今の声を聞くことができました。そして午前の部の最後には、二葉小学校(=現ふたば学舎)2年生の時に阪神・淡路大震災で被災し、東日本大震災でも被災体験のある中野雄仁さんに貴重な体験談を語っていただきました。午後からは、東日本大震災で家族を失った高校生の旅路を描く映画『風の電話』の上映会を行いました。

f:id:npofutaba:20210117095811j:plainf:id:npofutaba:20210117111013j:plain

f:id:npofutaba:20210117112434j:plain

参加者アンケートでは「オンラインだからこそ現地の方々の雰囲気が見てとれた」、「わすれてはいけないこと、つながりの大切さを再確認できました」といったご意見を頂戴しました。今後も1.17イベントを継続して、26年前の震災の中で芽生えた人々の「やさしさ」を忘れず、震災の記憶をつなげていきたいと思います。

今回お話しいただいた皆さま、そしてお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。(やまずみ)

1.17震災イベント「やさしさわすれないで」開催のお知らせ

阪神・淡路大震災から26年目の令和3年1月17日(日)に毎年恒例の1.17イベント「やさしさわすれないで」を開催します。今回は、次の3月11日で東日本大震災から10年ということもあり、互いの震災の記憶を想い合う内容になっています。密を避けるため事前申込制で行います。詳細はチラシをご覧ください。(やまずみ)

f:id:npofutaba:20201217111310j:plain

 

震災学習・勉強会(3)開催のお知らせ

f:id:npofutaba:20201027150647j:plain

11月28日(土)14時~17時に震災学習・勉強会(3)「災害にあった後の生活再建を考える」を開催します。

講師は、津久井進氏(日本弁護士連合会・災害復興支援委員会委員長)と宮定章氏(認定NPO法人まち・コミュニケーション代表理事神戸学院大学「災害復興基礎論」非常勤講師)です。

自然災害で被災した時に知っておくと安心につながる生活再建制度について、講演と被災者生活再建カードを使った疑似体験を通して学びます。参加申し込みは電話かFAXで受け付けています。詳細はチラシ(↑)をご覧ください。よろしくお願いいたします。(やまずみ)

※参考書として津久井進さんの『災害ケースマネジメントガイドブック』を挙げておきます(↓)。

f:id:npofutaba:20201027145223j:plain