読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたば学舎の日常

このブログでは【NPO法人ふたば(ふたば学舎指定管理者)】からの情報をお伝えしています。

森の中で3世代交流!(レポート)

本日、14時から15時30分まで、

自然の魅力を親や子に伝えるプログラム

「木とともだち」を開催しました。

 

センターの円卓会議でお世話になっている

シニア種まき隊のみなさんが1年を通して行っている

「自然とともだちシリーズ」の第2弾プログラムで、

センターが共催です。

 

今日参加したのは、幼児から祖父母まで

多世代にわたる24人でした。

 

シニア種まき隊の、のびたん、たえさん、しんちゃん、

もーさん、いけさん、ガラゴさんたちが

参加者たちを森の中へ誘います。

 

まず、たえさんが絵本を読んで、森の中へ連れて行きます。

f:id:npofutaba:20130824140600j:plain

その後、ゲスト1のじっじが登場し、

みんなで木を使った工作のはじまりです。

木の廃材や木の実など、たくさん並べられた材料の中から

好きなものを選んで、森の仲間を作ります。

子どもたちは自由な発想でかわいい森の仲間を作りました。

f:id:npofutaba:20130824142125j:plain

作り終えるとお茶やジュースを飲んで休憩。

そうしているとオカリナ奏者の園山洋史さんが登場。

f:id:npofutaba:20130824152005j:plain

オカリナの心地よい音色で

トトロやポニョなどが演奏されました。

最後はアンコールで「さんぽ」を

オカリナの演奏に合わせてみんなで合唱しました。

 

こうした展開でしたが、終始森の中にいるような、

気持ちがやさしくなる感じのプログラムでした。

f:id:npofutaba:20130824150553j:plain

みなさん、木とともだちになれましたか?

 

次回は10月20日(日)「森とともだち」編!

獅子ヶ池周辺(長田区一里山町)へ行きますよ〜! 

 

(やまずみ、てらさわ)